日本褥瘡学会・在宅ケア推進協会のご案内

日本褥瘡学会・在宅ケア推進協会 会則

(平成18年10月26日)
(平成19年 1月25日一部改正)
(平成20年 8月29日一部改正)
(平成21年 5月17日一部改正)
(平成22年 6月 6日一部改正)
(平成23年11月 8日一部改正)
(平成24年 5月12日一部改正)
(平成28年 7月 2日一部改正)
(平成29年 4月 1日一部改正)
(平成29年 7月 1日一部改正)

第1章 名称および事務局

第1条(名 称)
本会は、日本褥瘡学会・在宅ケア推進協会(以下本会)と称する。事務局は株式会社春恒社 学会事務部内(〒169-0072東京都新宿区大久保2-4-12 新宿ラムダックスビル9階)におく。

第2章 目的および事業

第2条(目 的)
本会は在宅における褥瘡ケア、創傷ケアに関する専門知識の普及を図り、褥瘡創傷の予防を促進させると共に在宅医療の向上を推進させることを目的とする。
第3条(事 業)

本会は、前条の目的を達成するために次の事業を行う。

  1. 講演会および講習会などの開催
  2. 国内外の関連学会ならび団体との連絡および提携
  3. 在宅における褥瘡創傷ケアの開発
  4. 本会ホームページの運営
  5. 情報の提供
  6. その他必要な事項

第3章 会  員

第4条(会 員)

本会の会員は、本会の目的に賛同し所定の申し込み手続きを経て理事会で承認され且つ、所定の会費を納入する者とする。なお、詳細は施行細則による。

  1. 正 会 員: 医療・福祉に関連のある者。
  2. 賛助会員: 本会の目的、事業を賛助する上記以外の個人、および企業の代表者。
  3. 施設会員:医療・福祉に関連し、本会の目的、事業に賛同する医療施設あるいは福祉施設。
第5条(入 会)
本会の会員になろうとするものは所定の申込書と入会金および当該年度の会費を添えて理事長に提出し、理事会の承認を受けなければならない。
第6条(会員資格の喪失)

会員資格の喪失は次の各号にあたる場合とする。

  1. 退会
  2. 会費未納(3年)
  3. 死亡
  4. 除名

第4章 役  員

第7条(役員構成)

本会は会長、次期会長、理事長、副理事長、若干名の理事、2名の監事、ならびに事務局幹事を置く。

  1. 理事長は本会の運営を司る。
  2. 会長は全国の講演会および講習会を総括し、各地区会長がこれらを主催する。
  3. 副理事長は理事長を補佐し、理事長に事故ある場合は理事長を代行する。
  4. 監事は本会の財産および業務執行の状況を監査する。
第8条(役員の選出)
会長、理事長、副理事長、監事は理事会において選出する。
第9条(役員の任期)
役員の任期は3年とし再任を妨げない。
会長の任期は1年とし会計年度と一致させる。
第10条(理事会の運営)
  1. 理事会は役員および会長、次期会長をもって構成する。
  2. 理事会は理事長が招集し、議長となる。
  3. 理事会は定例理事会と臨時理事会およびメール理事会は必要と認めた場合に開催される。
  4. 理事会は、理事会構成人員の2/3以上の参加をもって成立する。ただし委任状は参加とみなす。 メール理事会は、緊急の懸案事項を検討し、諾否を2週間以内に返信する。
  5. 理事会の議事は、参加理事の過半数をもって決し、可否同数の時は、議長の決するところによる。

第5章 コアスタッフ

第11条 資格

在宅褥瘡ケアに関わっている本会正会員で、所定の申込手続きを経て理事会で承認された者。

第12条 役割
  1. 在宅褥瘡創傷ケアの知識の普及・予防の促進・在宅医療の向上のために地域で活動し、ネットワークを構築する。
  2. 地域で開く「床ずれセミナー・床ずれケアセミナーの企画・運営」「コアスタッフ勉強会の企画・運営」、「在宅関連施設内等での在宅褥瘡創傷ケアの普及活動」、「その他在宅褥瘡創傷ケアに資する活動」等をおこなう。
第13条 活動報告
各地区でのコアスタッフ活動は、毎年開く総会学術集会で報告・発表し情報交換をおこなう。
第14条 在宅協の支援
コアスタッフの活動に対し、在宅協はできる限り支援する。

第6章 会  議

第15条(会議・委員会)
  1. 以下の会議、委員会をおくことができる。
    1)理事会
    2)講演会、講習会
    3)各種委員会
    4)コアスタッフ会議(地区単位)
    5)理事長が認めたもの
  2. 委員長は理事会の議を経て、理事長が委嘱する。
第16条
(常任理事会の運営)
  1. 本会は常任理事会をおくことが出来る。常任理事は理事長が理事の中から任命する。常任理事会は理事長の招集により開催される。緊急を要する場合には、理事長はメールによる常任理事会を開催できる。

第7章 会  計

第17条(収入範囲)
本会の運営は、会費、寄付金やその他の収入をもって充てる。
尚、会費は施行細則による。
第18条(会計の承認)
会計は毎年1回、理事会の承認を得るものとする。
第19条(年 度)
本会の会計年度は4月1日に始まり3月31日に終わる。

第8章 会則の変更

第20条
本会の会則の変更は理事会出席者の過半数の賛成をもって改定することができる。
付 則
本会会則は2006年10月26日より実施する。

会則施行細則

第1条 (年会費)

本会の会員の年会費

  1. 正会員 4,000円
  2. 賛助会員 50,000円
  3. 施設会員 10,000円
第2条
(講演会および講習会)
第7条2の(講演会および講習会)への参加資格は、原則として会員のみとする。 但し、会長の許可を得た者は例外とみなす。
第3条 (賛助会員)
  1. 第4条2.の賛助会員は賛助会費50,000円を納めたものとする。
  2. 賛助会員は講演会および講習会学術集会に参加し、発表することができる。
  3. 賛助会員は講演会および講習会の際、展示を行う資格を有する。
  4. 展示を行う賛助会員の参加費は1企業3名まで無料とする。
第4条 (施設会員)
  1. 会則第4条3.の施設会員は施設会員責任者を必ず登録し、施設会費10,000円を納めたものとする。
  2. 施設会員は1施設5名までが、当会主催の講演会および講習会を正会員と同等の金額で参加することができる。ただし、書籍、DVDなどの購入は、会員頒布価格を利用できない。
第5条(常任理事)

常任理事は、理事長、庶務担当、財務担当、将来構想検討委員会担当、看護担当、会長、次期会長からなる。その他に必要に応じて理事長が推薦する2名以内とする。

第6条(役職役員)
  1. 本会理事1名を推薦理事とし、選出は日本褥瘡学会理事会に委任する。
第7条(コアスタッフ会議)
当協会は北海道、東北、関東甲信越、中部・北陸、近畿、中国・四国、九州の7地域とする。

このページのトップへ

日本褥瘡学会・在宅ケア推進協会会員交流ページ

日本褥瘡学会・在宅ケア推進協会入会特典

協会会員の各地区リーダー コアスタッフ募集中!

在宅床ずれケアに関する講演会や勉強会への講師派遣します。